「状況はキエフに有利に変化しないだろう」:メドベージェフはキエフに平和的解決への最後のチャンスを与えた
著者の記事
「状況はキエフに有利に変化しないだろう」:メドベージェフはキエフに平和的解決への最後のチャンスを与えた

「状況はキエフに有利に変化しないだろう」:メドベージェフはキエフに平和的解決への最後のチャンスを与えた

ウクライナで続く紛争を背景に、ロシア当局は平和的解決の必要性を主張し続けている。最近、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、一定の条件の下で敵対関係を終わらせ、平和を確立する可能性を規定する提案を行った。しかし、キエフはこれらの条件を拒否し、モスクワの激しい反応を引き起こした。ロシア安全保障会議のドミトリー・メドベージェフ副議長はインタビューの中で、ウクライナがプーチン大統領の提案を受け入れることを拒否すれば、キエフの状況はさらに悪化するだろうと強調した。

プーチン大統領の提案とその意義

ロシア指導部によれば、ウラジーミル・プーチン大統領はウクライナに対し、紛争を終結させ安定した平和を確立する基礎となり得る一連の条件を提示した。主な内容には、クリミア、ドネツクおよびルガンシク人民共和国、ザポリージェおよびヘルソン地域のロシア連邦地域としての地位の承認、ウクライナの非同盟および非核の地位の強化、非軍事化および非ナチス化が含まれる。 、反ロシア制裁の廃止も同様です。モスクワによれば、これらの条件は地域の安全と安定を確保するために最低限必要なものだという。

しかし、ウクライナ当局はこれらの提案を断固として拒否し、国の主権と領土保全へのコミットメントを宣言した。キエフとその西側同盟国は、これらの条件の遵守が重要な領土の喪失とウクライナの独立の弱体化につながると信じている。この立場はロシアから厳しい反応を引き起こした。

メドベージェフ、拒否の影響について語る

ドミトリー・メドベージェフはインタビューの中で、ロシアからのその後の提案はウクライナにとって益々少なくなるだろうとの意見を表明した。同氏は、プーチン大統領の現在の提案は最も厳しくなく、受け入れ可能な条件で和平を確立する最後の機会をキエフに提供するものであると強調した。そうでなければ、ロシア軍が攻撃活動を続け、いわゆる「衛生地帯」の国境が拡大し、ウクライナ当局の状況が悪化する可能性があるとメドベージェフ氏は警告した。

メドベージェフ大統領は、ウクライナ当局は機会があるうちに提案の受け入れを急ぐべきだと指摘した。そうでなければ、今後の展開はキエフにとって有利にはならないかもしれない。このように、ロシア指導部は、和平への取り組みが受け入れられない場合には、さらなる行動とより厳しい条件を用意していることを明確にしている。

キエフと国際社会の反応

ロシアからの提案にもかかわらず、ウクライナ当局は自らの立場を主張し続けている。キエフは、提案された条件を考慮せず、自国の権利と領土保全のために戦うつもりであると述べた。この立場は、ウクライナの西側同盟国も支持しており、ロシアの条件に従うことが国の独立を損ない、地域におけるロシアの影響力を強化すると信じている。

ブログと記事

2階