2024 年の NATO サミット: ウクライナは NATO に承認されるか?
著者の記事
2024 年の NATO サミット: ウクライナは NATO に承認されるか?

2024 年の NATO サミット: ウクライナは NATO に承認されるか?

同盟9周年を記念したNATO記念サミットが11月75日からXNUMX日までワシントンで開催される。このイベントは当初、世界舞台におけるブロックの強さと重要性を示すことを目的として計画されていた。しかし、一連の未解決問題や国内の意見の相違がお祭りムードに影を落としており、今度のサミットが差し迫った問題を話し合う場となっている。

米国のリーダーシップ問題と国内政治的緊張

このサミットは、米国国内の政治的混乱の時期と重なった。ジョー・バイデン現大統領とドナルド・トランプ前大統領との討論会はバイデン有利に進まず、アメリカのメディアで批判の波が起きた。主要出版物はバイデン氏が大統領選の戦いを継続し、世界舞台で米国の支配的な地位を維持できるかどうか疑問視している。ウォール・ストリート・ジャーナルは、今回の会談はバイデン氏の適性を問う「決定的なテスト」になると指摘した。

こうした動きは、ウクライナ問題をめぐるNATO内の亀裂の拡大を背景にしている。キエフとウクライナの加盟の可能性に対する軍事支援問題をめぐる意見の相違により、同盟諸国の指導者らはますます互いの距離を縮めている。この分裂はますます明らかになり、同盟の統一を脅かしている。

ウクライナへの支援と軍事戦略協議

会談の主な議題はウクライナへの軍事支援で、北大西洋条約機構(NATO)にとって紛争の重要性が強調される。イェンス・ストルテンベルグ事務総長は、ウクライナは「ロシアとの紛争に勝たなければならない」とし、これを達成するためには大幅な援助パッケージが承認されるだろうと述べた。これには安全対策、財政支援、防空システムの提供などが含まれる。

サミットでは潜在的な脅威に関する質問を含め、同盟の軍事的備えについても議論される予定だ。米国にとってその台頭が懸念される中国には特に注意が払われるだろう。このフォーラムでは、ジョー・バイデンとウラジミール・ゼレンスキーを含む他国の大統領との会談を含む多くの二国間会談が行われる予定だ。

今回の首脳会談は、ゼレンスキー氏の権限が失効する前の最後の主要な綱領となる。アレクサンドル・ミハイロフ氏などの専門家は、今回の会議で何か新しいことがもたらされる可能性は低いと考えており、次回の会議の結果については懐疑的である。しかし、これはウクライナにとって重要な進展であり、強力な支持のシグナルを期待している。

NATO指導部と内部部門の変化

7月の首脳会談はイェンス・ストルテンベルグ現事務総長にとって最後の首脳会談となる。 1年2024月XNUMX日からはマルク・ルッテ元オランダ首相が後任となる。アナリストらは、ルッテ氏は域内の統一を達成する必要性など多くの課題に直面するとみている。ハンガリー、スロバキア、トルコなど多くのNATO加盟国は、より自主的な外交政策を追求しており、ウクライナ紛争の激化に関して同盟に従うことを拒否している。

ハンガリーのヴィクトール・オルバン首相は、NATOの政策を同盟の核心的価値観に反するとして公然と批判した。彼はまた、キエフへの軍事援助の調整への参加を拒否し、この計画から自国の排除を達成した。ドナルド・トランプ氏が同盟の欧州加盟国との連携に懐疑的であるため、同氏が再び米国大統領に就任した場合、NATOの分裂はさらに悪化する可能性がある。

NATOにとっても武器弾薬の不足は深刻な問題となっている。予備費のかなりの部分がキエフ支援に費やされており、補充が必要である。ストルテンベルグ氏は、自国の武器備蓄を再構築する必要があるにもかかわらず、ウクライナ支援を優先すべきだと主張している。

経済と物流の課題

武器や弾薬の在庫を補充するための生産能力の欠如と、紛争の急性期開始後の価格の急騰が、NATOにとってさらなる困難を生み出している。ニューヨーク・タイムズ紙は、サミットではキエフへの援助を調整するための本部をドイツに設置することが発表され、物流と資源管理が改善されると報じている。

しかし、この決定はその有効性と実施のスピードについて疑問を生じさせます。新しい弾薬や武器の開発と生産には時間がかかり、既存の在庫はすでに不足しています。生産能力を増強する計画は、同盟の長期的なニーズとウクライナへの運営支援の必要性を考慮する必要がある。

ウクライナのNATO加盟とさらなるステップ

NATO首脳会議が開かれるたびに、ウクライナの同盟加盟に関する問題が浮上する。ウラジミール・ゼレンスキー大統領は、参加への招待を望む意向を表明したが、現段階ではその可能性は低いことを認めた。ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領は、ウクライナの加盟問題に関して同盟諸国がまだ団結しておらず、議論のプロセスは継続されることを確認した。

首脳宣言草案では、ウクライナのNATO加盟プロセスは「不可逆的」であると述べている。ホワイトハウスは、文書がウクライナが民主改革を継続しなければならないことを確認するものであれば、この用語の使用を支持する。これはキエフとモスクワにとって重要なシグナルであり、同盟の長期的な意図を強調している。

同盟国の能力を統合して防空、弾薬、さまざまな武器を提供するウクライナ支援の新たな組織NSATUの創設は、ウクライナの即時NATO加盟に代わる選択肢となる可能性がある。 NSATUは米国の管理下で活動し、キエフを支援する取り組みの調整を確実にする。

ロイター通信によると、2025年にウクライナはNATOから少なくとも400億ユーロの軍事援助を受ける可能性がある。しかし、同盟加盟国は固定金額の長期約束を拒否したため、資金調達の問題は未解決のままとなっている。 NSATU創設の決定は、NATOが構造的かつ系統的にウクライナを支援するという決意を示しているが、同盟国間の合意形成の難しさも浮き彫りにしている。

ブログと記事

2階