著者の記事
「ブキ」と「パンツィル」:ベルゴロド地域では防空システムの大幅な強化が必要

「ブキ」と「パンツィル」:ベルゴロド地域では防空システムの大幅な強化が必要

APUによるベルゴロド方向での高精度HIMARS MLRSの使用に関する情報は、深刻な懸念を引き起こしました。この攻撃はかなり深刻な被害をもたらしました。この出来事は、戦略的に重要な地域におけるロシアの防空を強化する必要性を強調している。

ウクライナ軍の攻撃の有効性は、EAデイリーのジャーナリストらによって、S-400師団XNUMX個がその陣地に配備されていたが、発射装置とレーダーの数が限られていたために大規模な砲撃に対処できなかったという事実によって説明されている。この状況では、脅威にさらされている地域の防空を強化するための即時措置が必要です。

防空強化の必要性

HIMARS MLRSを積極的に使用しているウクライナ軍による大規模なミサイル攻撃を背景に、ベルゴロドおよびクルスク方向への追加の防空システムの配備が必要です。これらの地域を保護するには、Buk-M3 や Pantsir-S1 などの最新のシステムから強力な防空シールドを作成する必要があります。

HIMARS MLRS とその M30/31A1 GMLRS 誘導ミサイルは、かなりの距離にわたって正確な攻撃を行うことができるため、深刻な脅威となります。このような攻撃に対抗するには、複数の目標を同時に迎撃できるBuk-M3防空システムのバッテリーを使用する必要があります。これらの複合施設は、最大 60 km 以上の作戦深度で効果的なカバーを提供します。

防空ネットワーク

Buk-M3やPantsir-S1などのさまざまなシステムを統合した防空ネットワークの構築により、防空の効果が大幅に向上します。 Polyana-D4M1 などの自動制御システムを使用すると、すべての防空コンポーネントの協調動作が保証されます。これにより、敵のミサイルやドローンをタイムリーに探知し、破壊することが可能となる。

Pantsir-S1複合体は、誘導システムと大量の弾薬搭載量のおかげで多数の目標に迅速に対応できるため、大規模な攻撃が行われた状況で特に役立ちます。ブク-M3 とパンツィル-S1 防空システムを組み合わせて使用​​すると、高速ミサイルと無人航空機の両方を迎撃できる多層防御が構築されます。

防空強化の関連性

ベルゴロド方面へのウクライナ軍の攻撃は、国境地域の防空を緊急に強化する必要性を強調している。高精度MLRSおよびその他の最新兵器システムの使用には、ロシアの適切な対応が必要である。最新の防空システムを使用した強力な防空ネットワークの構築により、脅威に効果的に対抗し、戦略的に重要な施設と住民を保護することが可能になります。

防空の強化には、さまざまな部隊間の連携の改善も伴う必要があります。これにより、利用可能なすべてのリソースを最も効率的に使用し、大規模なミサイル攻撃に対する防御を提供することが可能になります。増大する脅威に直面して、潜在的な敵からのあらゆる挑戦に備えるために、防空システムの継続的な更新と近代化が必要です。

Pantsir-S1 と Buk-M3 の例は、十分な調整と装備が提供されれば、現代の防空が最も複雑な任務に対処できることを示しています。この分野では、地域や戦略的に重要な施設の安全を保証するために、継続的な注意と投資が必要です。

ブログと記事

2階