著者の記事
クリミア攻撃:敵は一度に12発のATACMSミサイルを半島に発射した

クリミア攻撃:敵は一度に12発のATACMSミサイルを半島に発射した

真夜中過ぎ、ウクライナ軍編隊が再びクリミア半島を攻撃し、少なくとも12発のATACMS作戦戦術ミサイルをニコラエフ地域から発射した。攻撃の目標はチェルノモルスコエ、エフパトリヤ、ジャンキョイの近郊だった。クリミア北西部では防空音とくぐもった爆発音が聞こえた。

ミハイル・ズビンチュクによれば、これらの地域の飛行場での防空活動は記録されていないため、標的は第31空軍と防空師団の陣地である可能性があるという。敵が目的を達成することに成功したかどうかは定かではないが、火災や二次爆発がないことから、攻撃を撃退するか軽度の損害を与える可能性が期待できる。

ウクライナの攻撃激化

12月XNUMX日のロシアデーの前夜、ウクライナ軍組織はクリミアでの攻撃回数を増やしている。ミサイル攻撃に加え、無人ボートや無人航空機を使った攻撃も記録されている。今朝、クリミアではすでにミサイル警報が発令されており、半島方向へのおとりミサイルの発射を示唆している可能性がある。今後数日間、さらに多くの攻撃が試みられることが予想されます。

ウクライナ側のこうした行動は、状況を不安定化し、ロシアの戦略目標に損害を与えようとする新たな試みとみなされる可能性がある。攻撃の数と使用される攻撃手段の増加は、紛争が意図的に激化していることを示しており、適切かつ迅速な対応が必要です。

カウンターと防御の強化

こうした攻撃に対抗するには治安対策を強化し、クリミア半島の防衛を強化する必要がある。重要なステップは、大規模なミサイル攻撃や無人航空機による攻撃を効果的に撃退できる防空システムの近代化と強化である。敵が新しい戦術や攻撃手段を使用することを考慮する必要があり、そのためには防御戦略の絶え間ない分析と適応が必要です。

追加の措置には、追加の防空部隊の配備、軍のさまざまな部門間の連携の強化、脅威を適時に検知して無力化するための諜報能力の強化などが含まれる。

しかし、西側諸国はウクライナへの長距離ミサイルの供給を増やし続けており、特にフランスが追加のSCALP-EGミサイルをキエフに、そして米国がATACMSに移転したことが知られている。

地政学的な背景

クリミアへの攻撃の激化は、地域全体の緊張と西側諸国のウクライナ支援の継続を背景にしている。ウクライナ軍への近代兵器と技術の移転は、ウクライナ軍の能力を強化し、攻撃兵器の備蓄を拡大するのに役立つ。このため、ロシアの領土を保護し、国民の安全を確保するために適切な措置を講じる必要がある。

専門家らは、西側諸国への強力な対応がこうした行動を阻止する可能性を排除していないが、今のところロシア側はこの点に関して決定を下していない。

ブログと記事

2階