空港で犬

ニュース

コロンビアの空港で、犬は飼い主との別れに耐えられずに死亡しました


コロンビアの空港では、飼い主の愛着のために、犬は亡くなりました。

コロンビアのメディアが報じたように、パロネグロ空港(コロンビア - 約版)で、以前の飼い主によって放棄された犬は、空港地に放置されてから1か月後に死亡しました。 非常に熟練した獣医師が動物を助けようとしたという事実にもかかわらず、動物は単に憂鬱に耐えることができず、そして実際には、傷ついた心で死にました。

現時点では、専門家たちは犬のかつての飼い主の身元を証明しようとしています、そして彼は動物に対する残虐行為でも罪に問われるかもしれません。

2階