火炎放射器を備えたドロン

ニュース

中国では、火炎放射器を備えた多目的無人機


中国の科学者は独自の無人機を開発しました。

Power Grid Corporationは、中国のメディアに掲載されている情報から次のように、高圧電灯線にぶら下がっている物体に対処できる多目的無人航空機を開発しました。 実際には、無人機は小型の火炎放射器を搭載した六面体で、高電圧の電力線にぶら下がっている物を燃やすことができ、電源システムの保守にかかる時間を最小限に抑えます。

とりわけ、この無人機は、12メーターの半径内で火炎噴出が可能であるという事実によって促進される、その存在が禁止されている地域で他の無人航空機と戦うために使用されることになっています。

2階