アンカレッジ空港

ニュース

ポーラークマはアンカレッジ空港に行きました


ポーラークマはアンカレッジ空港の領土に入った。

250-450キログラムの動物塊との衝突が不可避的に悲劇につながるので、今日の前夜、アンカレッジ空港の滑走路では、飛行機の送受信に深刻な危険を生み出した、北極熊が観察されました。

北極クマが人々の接近に気付くとすぐに、彼らはますます危険が絶えず残っている理由で、これらの動物がますます北部空港の領土に現れ始めたことを考えると、空港を出ることを決めたと報告されています。

白い色が環境と融合するため、野生動物を検出することは困難であることを明確にすべきである。

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階