ドイツのMFA機

ニュース

ガラスの亀裂のためにドイツの外務省の飛行機はビリニュスから飛び出すことができませんでした


飛行機の中で、ドイツの外務省はガラスを割った。

Avia.pro通信社が受け取ったデータによると、この事件は前日に起こり、公式の情報筋によると、ビリニュスからベルリンへの航空機の出発に備えて、旅客機のフロントガラスにひびが入っていることがわかった。 実際のところ、この事件は何の問題も引き起こさなかった - ほんの数時間後、ドイツの外務省が予備の旅客機で意図した方向に飛んだが、ビリニュスに到着した時点ではそのような問題はなかったので。

過去1年間で、ドイツの外務省はすでに政府航空機によって確認された3つの問題に直面していることを明確にする必要があります。

2階