航空IrAero

ニュース

12月から9のアバカン発満州行きの便が開きます


12月からアバカンから満州へは9で飛ぶことが可能です。

カカシア共和国運輸省のプレスサービスからの公式情報によると、アバカンから満州への最初の旅客便は、今年の9 12月から2015になることが知られていました。

いくつかの情報によれば、ロシア航空の旅客機はノボシビルスクからアバカンまで続く。その後、その便は満州に送られる。 Abakanから満州への空の旅の時間は約2,5時間となり、航空券の費用は乗客の12380ルーブルの費用になります。

新しいフライトがロシア市民の間で普及するかどうかは、現時点では多くの理由から専門家がコメントすることはできません。

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階