オシ空港

ニュース

エンジンとシャーシを着陸しながら、破損した旅客機「AviaTrafficカンパニー」


オシ空港に植える場合は、旅客機が着陸装置とエンジンを損傷しました。

航空会社«アヴィア・トラフィック・カンパニー»に属することは、情報資源Avia.pro知られるようになったとして、旅客機、による滑走路の筐体の表面への密着性が悪いために、私は、結果として、時間にブレーキにできませんでした滑走路の寸法をオフに滑ったし、真剣に着陸装置を損傷し、だけでなく、エンジン。

ボード上の旅客機は、情報の公式ソースで述べたように、何人がけがをされていない一方で、159乗組員も含め6人、でした。

旅客機が滑走路を見逃したという情報が最初にあったという事実を明確にする必要があります、しかし、後で、これらのデータは反論されました。

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階