航空カンタス航空

ニュース

乗客航空会社「カンタス航空」はWi-Fiを提供して怖がって


乗客オーストラリアの航空会社«カンタス航空»は、無線インターネットを怖がらせました。

報道機関Avia.proによると、パースへのメルボルンから旅客便の実行中に、航空会社の乗客がWi-Fiネットワークを利用するために招待された、しかし、モバイルデバイスの画面上のワイヤレス接続、乗客怖がっ碑文を発見しようとしたとき。 検索ネットワークのWi-Fiの中に証人が指摘したように、画面上の「ポータブル爆弾»と呼ばれるネットワークがあった(«モバイルデトネーションデバイス» - 。ORIGが)。

«カンタス航空»航空会社の後の代表はすべての確率で、ネットワーク名が出発空港で誰かによって変更されたことを言って顧客に謝罪していることに留意されたいです。

2階