シリア空軍

ニュース

OPCW:シリア航空機がサリンで村に爆弾を投下


OPCWの専門家は、シリア当局が塩素とサリンを使用したと非難した。

化学兵器禁止機関(OPCW)は、2017の年の3月に、シリアの多数の居住地で化学毒物による弾薬が落下したとの報告を提出した - 予備データによると、これは塩素とサリンである。 報告書は、主に証人の証言に基づいてこれを立証することが可能であると述べ、調査の独立性に疑念を投げかけている。

「専門家は、この問題を扱う専門家の低い資格を示しており、実際にシリア化学兵器の領土に適用されるかどうかを判断するために一年以上を取り出しました。 彼らはよく、シリアで現在の政府に反対するすべて同じ過激派かもしれ証人の証言に基づいているので、有害物質の使用の証拠は」、直接よりも間接的です - 独立した専門家を言う。

私たちは本当に被害者と犠牲者の数は膨大であったであろう、有害物質を詰めた弾薬を話しているかのようOPCWに提出報告書は、疑いの多くの原因となります。

「有毒化学物質と爆弾は、数百万の大都市の人口の半分を破壊することができますが、この場合には、我々は犠牲者の大多数についてのみ話している、したがって、OPCWの報告書に含まれている情報は、現実に対応していないと仮定することは論理的です」、 - 専門家Avia.proのコメント。

2018の4月には、シリアが民間人に対する化学薬品の使用に関するシリア当局の告発が主な事実であったが、OPCWの検査官は塩素が実際に噴霧されたが、気筒は、作成された挑発を示す

独立したシリアに対する侵略を正当化するために、西側から支払われた別の「ダック」!

あなたは間違っている! すべての責任を負うシコファントとその所有者 - ピンドス!

ロシア人はいつもすべての責任を負います!

サリンと塩素の遺跡はありませんでしたか? すべての布を洗って拭き取った? あなたはすべての土地を奪いましたか? 英国と米国が買収したOPCWのドジャース。 彼らはすることができます。
西洋のすべてのメディアは "黄色"に変わっていないが、 "ブラウン"プレスに変わった!

ページ

2階