航空IrAero

ニュース

新SSJ-100は、運転開始から2日後に緊急着陸しました


新SSJ-100その動作の二日目には、オムスク空港に緊急着陸をしました。

現時点では、その航空機所有する国内キャリア」IrAero「既知の報道機関Avia.proは、文字通りその動作の開始の翌日には、オムスクで緊急着陸をしました。 この主な理由は、技術的障害と呼ばれる、特に、最も可能性の高い状況が油圧システムの破壊であったことに留意されたいです。

航空機はソチへのバルナウルからフライトの実行を行っ同時に、ボード上の誰も航空機が死傷者はなかったが、新しい航空機がほぼ即座に似たような状況に陥ったという事実。 明らかに国内の航空機メーカーのイメージをスワイプします。

それは大丈夫です。 新しい航空機は、子供の病気が表示されます。 エアバスは、最初のショーで墜落したと今飛びます。

ページ

2階