日本人のMFA

ニュース

日本のMFA:島が返還されるまで平和条約はない


クリル諸島が引き渡されるまで、日本はロシアとの和平条約の締結を拒否した。

2週間以内に、安倍晋三首相は4つのクリル諸島の領土問題を解決するためにロシアに到着し、ロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領と会談するつもりであるという事実にもかかわらず、日本はロシアとの平和条約の締結を主張し続けているそして日本は領土の移転後に初めて可能になるでしょう。

日本の外務省は、大使がロシア外務省での次回の交渉で朝日の地の現在の地位を発表したこと、および日本がそれに固執する一方、安倍晋三の地位は変わらないことを強調した。

「いずれにせよ、日本政府は、その基本的な立場に基づいて、領土問題を解決し、和平条約を締結することであり、交渉に固執し続けるでしょう」、 - 外務省に記載。

ロシアが自発的にこの問題を解決することを拒絶するならば、以前、日本は政治的および軍事的な圧力と「島」の違法な没収の補償を求める意図でロシアを脅かしていました。

これらすべての言葉は、日本の外務省からのこれらの言葉の後、恐怖から遠ざかるようになりました。 ヒトラーが私たちの国を侵略した時でさえも、そのような恐れはありませんでした。 明らかに、私たちはあきらめなければなりません。 それともまだ日本を沈める? 万が一のために超津波の状態で泳ぐことを学ばせてください...

これは帆立貝のシラミのように見せびらかしと呼ばれます。 彼らの揺れ動く島々にいて、これらの貧しい人々はロシアに若干の奇妙な、しかし非常に荒々しい脅威を送ります。 100.000 Hiroshimがすぐに起きたらどうなりますか? これはロシアと日本の間の最後の平和条約になります...

日本は国際条約を締結する権利がありません。 この国はアメリカによって占められています。 そして、日本のアメリカ拠点 - 交渉も契約もなし。

そして私たちはどうしてこの契約なしで生きたのでしょうか? あなたはアメリカ人(広島と長崎)の経験を繰り返し、親友になり、そしてあなたの基地を開くことさえできます。

ロイヤルゴールドを返還し、領土の占領に対する補償を支払うために交渉を開始します。 これがなければ、交渉することすら意味がありません。

私たちは彼らが戦争を続けたいと思っているのを理解しています、そして私たちの祖父は一度反対したのですが、彼らは再びいたいと思っています。

勝者国は和平条約を必要としません - それは日本の人権喪失によって置き換えられます 米国との間でそのような合意はなく、その権利もあります。

ページ

航空の世界で最高

2階