ウクライナの災害の調査

ニュース

マレーシアは、EUが意図的にボーイングの難破船の調査結果を遅らせていると非難している


オランダのマレーシア大使は当局がウクライナのボーイング災害の調査を意図的に遅らせたと非難した。

マレーシア大使によると、今日までの彼の国は、飛行機の墜落事故の調査に参加するだけでなく、調査自体の進捗状況に関する非常に乏しいデータも受け取ります。

いくつかの前提によれば、オランダの当局による拒否のため、マレーシアは飛行機事故の調査に正式な参加者になれない。 マレーシアは、現時点では航空会社の残骸がウクライナの領土内に位置しているため、この地域の不安を訴えて、専門家が事故現場に入らないという事実により、独自の調査を行うこともできない。

2階