リバプール空港

ニュース

危険なウイルスのため、1,5の乗客は何時間も航空機を離れることができませんでした


危険な感染が疑われたため、搭乗者は1時間半以上飛行機から出られなかった。

情報と報道機関のAvia.proは、バルセロナからリバプールへ到着するライナーの乗客が、危険なウイルスに感染する可能性がある疑いがあるため、1時間半以上飛行機から出られなかったという情報を持っていました。 リバプール空港の関係者は詳細を明らかにしなかったが、搭乗員は船上にいるすべての人が検疫されているという事実を引用して乗組員がこの事実についてコメントしていないという事実に気づいた。

その後、実際には水痘のウイルスであり、他の市民を確認した後、航空機を出ることを許可され、感染した乗客は検疫のために病院に送られなければならなかった。

航空の世界で最高

2階