蘇27

ニュース

インド:ロシアの戦闘機は石器時代です


インドはロシアの戦闘機を買うことを拒否した。

最近まで、インド空軍はソ連とロシアの戦闘機を積極的に利用していたにもかかわらず、ロシア製の航空機の購入を考慮しなくても、X-NUMXアメリカンF-110V戦闘機を購入する準備ができていたことがわかった。 そのような決定は、インド側によると、アメリカの戦闘機の低コスト、高い効率、および許容可能な信頼性に起因する。

中国版「シーナ」によると、インドからロシア戦闘機を購入することを拒否した主な理由は、効率が低いことであり、まったく同じSu-35がインドに莫大な費用をかけることになる。

「インディアン側はアメリカのF-110V戦闘機「16」を購入することに興味があります。 我々は効率が低いため、ロシア航空機の買収を断念した。 実際、米国に比べて、ロシア戦闘機は石器時代です。インドのプレスでこの情報にコメントする。

110アメリカンF-16戦闘機を購入するコストはインドの予算に6億ドルしかかからないが、ロシアのSu-35戦闘機を同額購入すると2-3はより高価になることが明らかにされるべきである彼らの戦闘能力では、ロシアのSu-35機は武装と操縦性の両方で表現されているアメリカンF-16よりも格段に優れています。

Не купят , ибо русские самолёты - говно ! Да, 110 F16 с лёгкостью порвут 35 сушек . Вот и выгода !

ну давайте, давайте, разведите срач на тему. В Индии все государственные структуры коррумпированы ещё сильней ем в России, очевидно амеры сделали кому-то более выгодное предложение и их Ф16 протолкнули вперед. Впрочем купить истребители мало, ещё нужно обучить пилотов, договориться о ремонте и обслуживании и пр. Уже давно говорили, что в отношении последнего российская сторона предлагала не самые удобные условия (индусы хотели размещения производства деталей и узлов на собственной территории с передачей технологий, чего наши делать отказывались), что и заставляло индусов периодически посматривать на сторону. Lockheed Martin как раз предложила переместить свою производственную линию их Техаса и кооперации с индийской Tata. Свою готовность так же изъявляли французы со своим Rafale

ЭЭЭЭЭ как там у амеров с обогащением урана?

Одна Россия

大統領愛国者たちは今や涙を浮かべている。

私たちから110ではなくSU-40飛行機の37を購入してください。これは同等ですが、アメリカの飛行機ではインディアンは依然として苦しんでいます。

確かに! ))))))

どのような不具合が拷問されたか? 医者に急いで、それは遅すぎることはありません!

すみません、ロシアで一台の電話がリリースされたことはありますか? ですから、あなたの知性は石器時代のレベルにあります!

彼らはどのように知っていますか? これはダンスソングではありません。 ヒンズー教徒のパイロットは私にとってナンセンスです。

空が見える!

F-16コストは既に署名されているインドとのSu-35の供給のためのproigryvaet.Kontrakty効率上、SU-35よりもはるかに高いです。 ダミーとは何ですか?

すべてが簡単です。 米国は制裁を脅し、彼らはただ怖がっていた。 中国だけでロシアはアメリカをくしゃみしました。

...男は戦争が長い時間をかけていたことを知っていた..not森から出てきました)))))

Gelendvagen、シングルエンジンは、UAZ-ヤギと比較して、あなたの誕生の年が付属していません - 石器時代には、ダッシュボードや電流計の価値があるそのうちの一つ、言葉ではなく、マシン内の油の圧力計、ごみ、。

今年の2019イヴ。 私は映画 "トラクター"を読んで見る - 鎧は強く、タンクは速い。

しかし、ヒンズー教徒と中国人はかなり高品質の製品で世界を圧倒しているが、中国人は人口の基準を高めており、ヒンドゥー教徒はそれを評価しており、彼らの労働は中国より安く、彼らは多くの場合、

そこで、彼らは究極の
あなたがС400を買おうと思っているなら、andと16を取って、制裁はありません! ここで彼らは尾を引っ張った。

そうです、同じロシア製とアメリカの携帯電話を比較してください。 ロシアは技術的にぎっしりと遅れている。ソ連の遺産ではないとすれば、石をこすったレベルがあるだろう。

そして別のニュースがあります。 米国はインドがイランから石油を購入することを認めた。 経済+政治。

ヤップ! これはまれな状況です。あなたは指で再読することができます!そして主にパイロットのためであり、技術的な欠陥のためではありません! 私はカムチャツカからバルト諸国への守備隊のために16年を持っています。この間、MIG 21の1件だけです。

M-35はF-35をスピードとスピードで追い抜いているが、欧州の車はあまり有効ではなく、かなり高価であったとMilitary Watchは報じている。ペイロードは、より機動性がありますまた、ロシアの航空機は維持しやすい.. "
モスクワ、「ロッシスカヤ・ガゼタ」、スヴェトラーナ・ツィガンコワ

どういうわけか、魅惑的な逸脱を正当化する必要があります。特にアメリカのサービスが契約に含まれていないと考えると、ソフトウェアはアメリカ人の完全な制御下にあります。
インドのSu30とアメリカのF16の間のトレーニングの戦いでは、インディアンは大部分が敗北しましたが、あなたは彼らを傑出したパイロットと呼ぶことはほとんどありません。

パキスタンへのC-300はすでに行っている?

isribiteliのジプシーが飛んでいて、馬が激しく動かされていないことが見られたところ、これは何らかの種類の間違ったジプシー、アメリカのものです。

インドでは親米の力が今、彼らは何でも言います

完全なナンセンス。 トランプは、インディアンがロシアの軍事機器を購入した場合、スペシャルパーツの供給と、現在インド空軍の戦闘基地を構成している以前販売されたF-16の修理を停止するという、インディアン側に最終的なものをもたらした。 純粋な経済計算。 ヒンズー教徒はここで電卓をクリックし、乾燥機を拒否した。

Tunnosno 15 MIG 2を失った空港で23の年を過ごしたことはありません

それから、アメリカはすべて安くなる

私はこのニュースを信じていない。 私はこれがもう一つの偽造品だと思う。 実際、Su-16と比較したF-35は石器時代です。 さまざまなレベルと時間の飛行機。

私は航空機で勤務しました。 はい、それは起こる、落ちる。 理由は異なっており、テスト、機器の故障、パイロットのエラーですが、それ以上にアメリカでは信じられません。 どこにでも秋。

私は軍の町で生まれましたが、飛行機の墜落事故が起きることはほとんどありませんでした(Mig 21、Mig 23)。

ヒンドゥー教はより多くの賄賂を支払う人々から買います。 契約なしで承認される契約はありません。

彼らは怠け者で手持ちのインド人が奉仕していたため、庭は乾燥した。 私たちは落ちない。 しかし、F-16は定期的に

Murat、あなたはとても正しいです。 見ないでください...

我々はソビエトの遺産を食べる。 現在の支配者を自慢するものはありません。 すべてを決定した人材は、ずっと前に死亡したか、国を離れたかのいずれかです。 予算金を減らすように訓練されたマネージャーしかいないので、極超音速ロケットや原子力ロケットが飛ぶ漫画を見せなければなりません。

まあ、あなたのようなそのような専門家は、

F-16は1974年から利用可能です。 pendosnya vparivaet第3国)のシングルエンジンの古い航空機)安くて腐った、高価でいい。 ミスは2回、愚か者は3回支払う。 彼らは、ああ、namyatsyaを買いましょう...

最初は、35の販売価格は一桁下がりましたが、次に誰かがここからこれと結びつきたいと思っていました。

インドのスリラー2シリーズ..映画の終わりには、みんな踊ったり、歌ったりすることができます。そしてさらに親戚も..結論を出す

ああ、そうです! インディアンは武装の偉大な専門家です。 多分、ピンドスは誰にでもお金を送ったのだろう...

インド人だけが卵を一つのバスケットに入れたことはありません。 あなたが私たちから何かを購入した場合、それは別のものがNATOから購入されることを意味します。 ラファリはF16よりも桁違いに優れていますが、それも高価で、他には誰もいません。ユーロファイヤーも高価で、時代遅れです

インド自体は石器時代から出てこなかったが、すでにrashka

アメリカ人は誰かに咳をしているようです。 購入自体に加えて、サービスの価格もあり、アメリカの飛行機からはロシアの航空機よりもはるかに高いです。

インド人はそのような結論を下したのですか? ピエロを笑う、言葉がない!

dumbassだけがf-16とsous-35を比較します。 sous-35の競争相手f-15は重い戦闘機ですが、軽量のF-16はMig-29の対戦相手です

あなたはС400からФ16まで撃つだけで誰が勝つのかを知る必要があります。

はい、それは信頼性に関するものではありません。ただインドはアメリカ人の上に横たわり、私たちは中国と友好関係にあり始めており、インドと中国は領土に異議を唱えています。

それは飛行機ではなく、私たちが私たちから買って以来、私たちとあなたのものを回したように思えます。つまり、アメリカ人から何かを買わなければならないということです

それは私には見えるものの、能力に関してではありません... 27から35までのすべてのSUは愚か者からの保護を受けています...またはインドの議会も - 何かを言っています。))要するに、今や庭園F-16(これは確かに石器時代であり、1台のエンジンでさえも)

ページ

航空の世界で最高

2階