ヘリコプターSikorsky CH-53

ニュース

アメリカのヘリコプターは、胴体の一部を日本の幼稚園に落とした


アメリカの軍用ヘリコプターは、胴体の一部を失い、日本を飛んでいった。

日本のメディアが報告したように、直径が約15センチメートルで長さが約20センチの円柱形の物体が幼稚園の一つに落ちる前日です。 事件の結果、地上にいる人は誰も害を受けませんでしたが、対象物の重量が約1,5キロであることを考えると、その結果は非常に悲惨なものになる可能性があります。

現時点では、円筒形の物体は未知の状況下で飛行中に自発的に落ちた米軍ヘリコプターSikorsky CH-53の一部であることが知られているが、米国空軍の命令はこの事件についてコメントしなかった。

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階