ヘリコプター三菱H-60。 仕様。 写真。
他の
ヘリコプター三菱H-60。 仕様。 写真。

ヘリコプター三菱H-60。 仕様。 写真。

三菱H-60 - 日本の生産の多目的ヘリコプター、会社«三菱重工»によって1987年で生産。

三菱H-60 フォト

ヘリコプター三菱H-60は、一緒にアメリカの会社«シコルスキー・エアクラフト»のaviarazrabotchikamiで、日本の航空機メーカーによって設計されるようになりました。 開発当初の基礎とフレームワークのように、非常に明確に飛行性能、互いに根本的に異なる航空機の面では、しかし、2機の外観で観察されたアメリカのヘリコプターモデルシコルスキーS-70、によって撮影されました。

多くは非常に誤って、実際には、放出はまた、同社«シコルスキー・エアクラフト»の文書で言及されたものを日本の会社«三菱重工»、によって排他的に作られたため、ヘリコプター三菱H-60は、種類のモデルシコルスキーS-70の一つであると信じています実際の専門家で、唯一のエアツールの最高飛行技術的性能のためのモデルの設計を改善するために役立っています。

三菱H-60 1987は、技術的な改善の数、および生産に航空機を置くための必要性に、しかし、年に作られた空気のヘリコプターモデルに彼の初登頂は、ヘリコプターの問題は、1991年始めました。

三菱H-60の航空機はこのかなり大型ヘリコプターの普及につながったパトロール車両や航空機のように、独立した戦闘ユニットとして、及び捜索救助車両としてどのようにそれを使用することができ、十分な広さの機能性。

フォト 三菱H-60

その目的だけでなく、変更に応じて、ボード上のヘリコプター三菱H-60は、以下の武器を使用することができます。

  • 口径の機関銃7,62のミリメートル。
  • 抗と対潜魚雷が含まれています。
  • 対戦車ミサイルが含まれています。
  • ディープ料。

、その基板上に、航空機はまた、輸送や60人々を行うことができ、または単に負荷が航空機の最大離陸重量を超えないながらヘリコプター三菱H-6の乗組員は、2人のパイロットと片手を含め3人で構成されています。

ヘリコプターモデル「三菱H-60」は、石川播磨ブランドのターボシャフトエンジン2機700キロメートルまでの距離を克服する。

ヘリコプター 三菱H-60

今年2014の終わりに公式統計によると、リリースの全期間のため、日本の航空機メーカーは178このモデルの航空機はまた、次のような変更および修正を含む、建設されました。

  • 三菱XSH-60J - 航空機のプロトタイプ。
  • 三菱SH-60J - 日本の海軍のために設計変更。
  • 三菱UH-60J - 航空機の捜索救助変異体;
  • 三菱UH-60JA - 日本領土防衛軍のために開発された多目的ヘリコプター変異体;
  • 三菱USH-60K - 航空機の実験試作品。
  • 三菱SH-60K - 三菱USH-60Kのバージョンの製品版。

仕様三菱H-60は。

  • クルー:3人(バージョンによって異なります)。
  • 定員:6人(バージョンによって異なります)。
  • ヘリコプターの長さ:19,8のメートル;。
  • ヘリコプターの高さ:5,2のメートル(バージョンによって異なります)。
  • ローターの直径:16,4のメートル(バージョンによって異なります)。
  • 空のヘリコプターの重量:7100キロ。 (バージョンによって);
  • 最大離陸重量:9750キロ。 (バージョンによって);
  • 巡航速度:240キロ\ hを。 (バージョンによって);
  • 最高飛行速度:265キロ\ hを。 (バージョンによって);
  • 最大飛距離:585キロ。 (バージョンによって);
  • 最大飛行高さ:5790のメートル。
  • パワープラント:2×石川播磨T700-IHI-401C;
  • 電源:2×1800馬力

他のヘリコプターを見ます

Avia.pro

上の続きを読みます:

.

航空の世界で最高

2階