ヘリコプター川崎OH-1忍者。 仕様。 写真。
他の
ヘリコプター川崎OH-1忍者。 仕様。 写真。

ヘリコプター川崎OH-1忍者。 仕様。 写真。

川崎OH-1忍者 - 1996で開発された日本の攻撃ヘリコプター、会社«川崎航空宇宙カンパニー»。

川崎OH-1忍者の写真

戦闘攻撃ヘリコプターモデル川崎OH-1忍者日本語の航空機メーカーを設計するため、アメリカのヘリコプターヒューズOH-6カイユース族のその機能モデルを置き換えることができ、空気の新しい、より効率的な手段を開発する必要性始めました。 以前のタスクと日本軍のヘリコプターの契約とサービスで効果的に、年齢は明らかに次の25年にわたり、航空機を交換する必要があることが証明され10歳以上のことができませんでした。

攻撃ヘリコプター川崎OH-1忍者の設計に関する最初の作業は、日本の航空機メーカーを先の世紀の初期の90-iesで始めた。 当初、米国の航空機に基づいて改良された多目的アナログが構築されると想定されていましたが、最終的に日本の防衛省は、戦闘用としての信頼性を高め、開発コストを削減するために、

このモデルは非常に成功した初飛行1年に作成したモデル川崎OH-1996忍者、および必要なテストのほとんどは、しかし、航空機の設計に量産ヘリコプター川崎OH-1忍者に起因するには、いくつかの欠陥を持っていましたそれは、数年後に来ました。 2000年では、ヘリコプター川崎OH-1忍者が正式に発表された、日本の軍事代表は、その飛行性能の多くを発見しました。

フォト 川崎OH-1忍者

ヘリコプター川崎OH-1忍者はショック航空機としての資格があるという事実にもかかわらず、このモデルは、そのアプリケーションの制限内のいくつか持っている、特に、航空機が原因の非常に限られた数に、唯一の装甲車両と空気ターゲットの数に対するその適用に有効です含まれる使用武器:

  • 自動航空機銃;
  • 対戦車ミサイルが含まれています。
  • 空気の目標に対処するためにミサイルを設定します。

川崎OH-1忍者は2人で構成され、ヘリコプターの乗組員 - による航空機は人や物資のボードに運ぶ、戦闘航空機のクラスに属するという事実のために、パイロットと同時に矢印は不可能です。

とりわけ、ヘリコプター川崎OH-1ニンジャも非常に高速の速度と飛行範囲によって助け、パトロール航空機の手段として使用することができます。

パワープラントモデル川崎OH-1ニンジャは、1馬力の推力をそれぞれ有するブランド三菱TS10-M-890、の2つのガスタービンエンジンを含みます これらのエンジンを使用することにより、ヘリコプターが720までの距離にフライトを行うことができます220キロ\ hの巡航速度でキロメートル。、280キロの\ Hの速度まで加速する能力と。

ヘリコプター 川崎OH-1忍者

二つの主なオプションのヘリコプター川崎OH-1忍者があります。

  • 川崎XOH-1忍者 - 航空機の最初のテストと近代化のためのプロトタイプ。 製品版とは対照的に、それは生産性の低い発電所を有しています。
  • 川崎OH-1忍者 - 航空機の基本的な生産バージョン。

仕様川崎OH-1忍者。

  • クルー:2人。
  • ヘリコプターの長さ:12のメートル;。
  • ヘリコプターの高さ:3,8のメートル;。
  • ローターの直径:11,6のメートル;。
  • 空のヘリコプターの重量:2450キロ。 (バージョンによって);
  • 最大離陸重量:4000キロ;。
  • 巡航速度:220キロ\ hを。 (バージョンによって);
  • 最高飛行速度:280キロ\ hを。 (バージョンによって);
  • 最大飛距離:720キロ;。
  • 最大飛行高さ:4880のメートル。
  • パワープラント:2×三菱TS1-M-10(バージョンによって異なる);
  • 電源:2×890馬力 (バージョンによって)。

他のヘリコプターを見ます

Avia.pro

上の続きを読みます:

.

航空の世界で最高

2階