ヘリコプターはAVIAV(Cofrance SARL)
物品
ヘリコプターはAVIAV(Cofrance SARL)

ヘリコプターはAVIAV(Cofrance SARL)

美しいヨットや海上の海上や土地など、どこにいても、あらゆる旅は完璧です。 残念なことに、飛行機には長時間の退屈な座席があり、多くの人が飛行機に乗っています。 しかし、既に訪問した人 ヘリコプターウォーク、知っている:この種の残りは肯定的な感情だけを与える!

ヘリコプター遠足団体

ヘリコプターに乗っていくには、ブローカーに連絡するだけです AVIAV TM (Cofrance SARL).

同社はフランスとモナコの市場で長年働いており、コートダジュールとヨーロッパのヘリコプターのフライトを整理しています。

権威ある専門家団体の一員として NBAA и EBAAブローカーは、最高級のロータークラフトおよび個別に開発されたルートでの非常に高品質の航空便の提供を顧客に保証します。

ロシア語を話すコンサルタント、Cofranc SARLとの連絡は、あなたにとって望ましい方法です。 ヴィラを借りる ニースでは夏期には個人的に会社のオフィスを訪れてコーヒーを飲み、今後の旅行について話し合うことができます。 このオプションがあなたに合っていない場合は、私たちに電話してください。 Eメール またはサイトaviav.ruにリクエストを残してください。

その後、スペシャリストとのインタビューで、旅行の希望を詳細に述べる必要があります:乗客の数、乗り方の長さ、目的のルートを教えてください。

コンサルタントがあなたが選択したヘリコプターが自由に利用可能であることを満たした後、航空機リース契約が締結されます。 現金での支払いまたは電子送金による送金の後、飛行機に乗ることができます。ロータークラフトは、あなたが指定したアドレスに正確に配送されます。

ヘリコプターウォークのルート

ヘリコプターの旅行ルートを設計するときには、ファンタジーに触れることができます。ヘリコプターは、国​​の最も遠い場所でもアクセス可能な普遍的な輸送モードです。車が届かないところに行くことができます。

コートダジュールの便の最も一般的なルートは次のとおりです。

  • ニース、アンティーブ、カンヌ、サントロペ、マルセイユの海岸で最も美しい都市のツアーでリビエラに沿ったヘリコプターツアーの調査ツアー。

  • グラースでのプロヴァンスのヘリコプターツアー、世界的に有名な香水庫訪問 フラゴナール и モリナード;

  • ラベンダー畑やプロヴァンスのブドウ園へのヘリコプター乗り、

  • モナコのモンテカルロ訪問のヘリコプターツアー。

  • ヘリコプター、レリン諸島への旅行、コルシカ島とサルデーニャ訪問、

  • フランスアルプス、有名なスキーリゾート - クールシュヴェルなどとの知り合い

ルートを自分で組み合わせたり、近隣のイタリアなどの他のヨーロッパ諸国を訪れたり、30分、1時間、1日、または数日間回転翼車を借りることができます.Corfranc SARLは皆様のご要望にお応えします。

ヘリコプターはAVIAV(Cofrance SARL)

ヘリコプターによる遠足の費用

ヘリコプターウォークの価格は、飛行機のレンタル費用、パイロットの仕事に対する支払いです。 価格は、ロータークラフトの走行時間、ルートの複雑さ、着陸と燃料補給の必要性によって異なります。

ヘリコプターによる30分ツアーの平均費用は500ユーロで、1時間歩くと1.000 USDがかかります。 複雑な複雑なヘリコプターツアーの価格は、ブローカーのコンサルタントによってあなたに通知されます。

ヘリコプターツアーに参加する人々のための提言

待望のフライトに行く前に、専門家の簡単な推奨事項をチェックしてください AVIAV TM (Cofrance SARL).

  • フライトの前夜には寝ていて、翌日は陽気で旅を満喫してください。

  • 出発前に、散歩中に不快感を感じないように、アルコールを大量に摂取したり乱用したりしないでください。

  • 運動酔いの傾向がある場合は、ミントキャンディ、レモンスライス、または通常の医療用具を服用してください。これは倦怠感の場合にあなたの状態を緩和します。

  • 飛行では、長い袖の快適な服を着る必要があります - 空では地面よりも涼しいことができます。

  • まあ、飛行前に自分を楽しませたい場合は、ポータルwww.aracrgonews.ruの航空機に関するCofrenceの興味深いニュースを読むことができます

ヘリコプターはAVIAV(Cofrance SARL)

空を見回す喜び - 新しい視点からおなじみのものを見てください!

.

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階