ヘリコプタービルダー
他の
ヘリコプタービルダー

ヘリコプタービルダー

実際には、強力な水力発電は、マスト、設置金具、ヒンジ線の建設を高電圧ラインを敷設する必要があります。 ヘリコプタービルダーは助けることができます。 ヘリコプターの助けがそれらの状態の定期的なモニタリングを行うことができるとともに、高電圧ラインは、行動しなければならないときに、ヘリコプターは、これらのラインの偶数修復を行うことができます。

また、高層ビルの建設を取るには?

これは175 200-mの高さに荷重を適用するためにクレーンを設置することは困難であるが、作業を行うことができる特別に設計されたヘリコプターに。

少し前までは、それはほとんど雇用のヘリコプターの北極を見つけることができないように思われた、今、私たちは、北極の氷の研究ステーションを漂流のニーズを満たすためにそれの普及を目撃しています。

ここで彼はアカデミードミトリーシチェルバコーフは北極への彼のフライトについて書いて - "今ウランゲリ島にポールを結ぶ子午線に沿って我々の方法を来ります。 フライトの数時間は、 - 私たちはフラット流氷ステーションのキャンプから短い距離に下ります。 私たちは、ヘリコプターを期待しています。 この素晴らしい飛行船はモスクワ8000キロの気道からそのコースを取りました。 それはちょうど10-12の人々を取ります。 ヘリコプターは静かに流氷から見上げ、場所から垂直に離陸します。 数分後、私たちは駅にあった「北極」。

最近まで、この物語は、唯一のいくつかのSF小説で見つけることができ、白の無限の広がりに迫り来るようになりまし明るい赤ヘリコプターは、漂流研究局のそれぞれを提供します。

それはヘリコプターが使用可能な領域の完全なリストではありません。

広いヘリコプターは、私たちの日常生活の中での作業広く、壮大な証明の適用を実施しますは間違いありません。

「どこ鷲ハエ - 狭い峡谷で - とヘリコプターが飛ぶことができる」 - そう、この驚くべき飛行機械ソ連のソ連のヘリコプター飛行ヒーロー、大佐マスロフの先駆者の一人について語っています。

「ヘリコプター - 未来の大型機。 それは、「ソ連の航空機の機我が国の質量になります - ので、ヘリコプターソ連の科学者、アカデミーBNユーリエフ氏は述べています。

ヘリコプターの説明を受け、我々はそれが航空機で利用できない多くの利点に特有であることを確認。 それらの間のチーフは、低速度で飛行する空気中にハングアップする、垂直離陸と垂直着陸する能力です。 一方、飛行機はヘリコプターの上に巨大な利点を持って、メインは高速飛行を開発する能力です。

飛行機とヘリコプターの両方の肯定的な性質を兼ね備えた航空機を作ることは可能でしょうか?

これは、原理的には可能であることが分かります。

そして今、ますます頻繁プロジェクトやいわゆるコンバーチブル航空機の個々のサンプル、または封筒の計画があります。 変換された航空機は、ネジと反応することができます。

これは、攻撃の高すぎる角度で動作するように持っている、故障の存在にヘリコプターの最大速度の主な制限は、ブレードを後退流れることが知られています。 ヘリコプターによって達成することができ、この最高速度によって、唯一240キロ/ hです。

ヘリコプタービルダー23

ヘリコプタービルダー

ローターがより低い迎え角で働くことができれば、失敗は避けることができます。 しかし、この場合、スクリューは、ヘリコプターの重量をバランスさせることができないほど小さい持ち上げ力を生成する。 揚力の不足は、ヘリコプターに、飛行速度が増加するにつれて、装置全体の総揚力のシェアを増加させ、メインローターをますます降ろす小さな翼型の支持面を与えることによって補償することができる。 プロペラの荷降ろしは、羽根の迎え角を減少させ、したがって、飛行速度を上げるために故障を回避することを可能にする。

このタイプのスクリューコンバーチブル航空機約400キロ/ hの速度に達する可能性があります。

さらに興味深いのは、ジェット変換された飛行機を設計することです。 このような航空機の離陸、飛行および着陸のプロファイルが示されている。 ジェットエンジンの推力を増加させることによって、そのような航空機のパイロットは垂直に離陸する。 その後、ステアリングホイールを使用したりエンジンを回したりすると、装置は水平飛行に入り、そこでは揚力が翼によって生成される。 着陸する前に、パイロットは装置を垂直位置に戻し、重力の作用下でエンジンの推力を徐々に減少させて着陸させる。

開発し、航空機を変換します:、ヘリコプターの開発の後であっても、それらと並行していることは間違いありません。

ビューモデルヘリコプター

.

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階