ブレードの弾質量特性HB
他の
ブレードの弾質量特性HB

ブレードの弾質量特性HB

  • 1。 ヘリコプターのヘリコプターHBを設計するための技術課題のデータに基づいて、KSSブレードが形成される。

  • 2。 静的ブレード計算が実行され、条件がチェックされる。

いずれかの条件が満たされない場合は、慣性モーメントの増加と刃部の力要素の再計算のための調整を計算しました。

ブレードの全長のセクションの構造要素の厚さによって決定。 我々は、すべての幾何学的な、質量を計算し、ブレードを中心にしています:最大と最小の剛性の面での慣性モーメントを、 断面の主軸の位置。 ブレードの質量; などその重心、 並行して、断面のねじり剛性を計算し、重要な座屈ストレス下のパネル部材を識別します。

  • 3。 ブレードの有効センタリングが決定され、それが指定されたものより大きい場合、プロファイルの前に配分されたカウンタウェイトの必要質量が計算されます。

  • 4。 独自の平面最大及び最小の剛性がブレードの振動の周波数及び形状を決定し、周波数が所定の値によって高調波の外部負荷離調の条件を満たさない場合、データは、濃縮された質量と半径方向ブレードの慣性モーメントの再分配のためのプログラムを形成します。 CMの使用は、ブレードの質量を変えることなく、補強材の対応する向きでブレードの曲げ剛性およびねじり剛性を形成することを可能にする。

  • 5。 ブレードの剛性とブレードの長さに沿った質量の分布を修正することにより、共振からの離調が行われる。 この場合、推力面におけるブレードの振動の周波数を調整するのに必要な慣性モーメントの変化は、パワー素子の断面の厚さを変化させる際に直接的に実現される。 回転面に発振周波数を変更するために必要な慣性の変動モーメントは、ブレードスパーコードの前壁及び後壁の位置を変化させることなどによって得られ、小さな厚さのストリンガー及び添加剤の幅が鼻および尾皮膚をフェルール。 したがって、推力面および回転面におけるブレードの振動周波数の独立した離調が提供される。 振動周波数を1つの平面と他の平面の両方で調整するのに必要な剛性を変えることなく、ブレードの質量のみを増減させることは、釣り合い錘によって達成される。

  • 6。 弦に沿った桁の幅および位置、鼻トリムの厚さ、および桁の桁およびねじり剛性の底パネルにおける圧縮応力の許容レベルを確保するために必要な尾メッキの修正がある。

  • 7。 ブレードの全ての積分特性は、数回の反復後に決定される。 その後、静的計算に基づいてブレードのパラメータを形成するプロセスは終了する。

  • 8。 ヘリコプターの「地面」共振の計算、および必要であれば、回転面におけるブレードの固有振動の第1の音の周波数の補正。

  • 9。 ねじり - フラッター上のブレードの計算。 所与の飛行速度での効果的な整列のために必要なマージンは、カウンタウェイトの重量を調整することによって得られる。 計算された応力が許容範囲を超える場合は、ブレードセクションの慣性モーメントを修正し、

.

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階