Mi-28からの西側のメディアはTsAGIから北極に感心を移しました
著者の記事
Mi-28からの西側のメディアはTsAGIから北極に感心を移しました

Mi-28からの西側のメディアはTsAGIから北極に感心を移しました

「西側のメディアはロシアの素晴らしい北極ヘリコプターを賞賛しました」

彼らはただ賞賛しませんが、むしろ彼ら自身の利益をこのプロジェクトの最初の無益を意味するかもしれません - TsAGIからの未来の北極は彼らに対抗するものではありません。コストセンターからMi-28と戦ってください。

それを理解しようとしましょう:

「ドライブ情報ポータルは、ロシアの有望な高速北極ヘリコプターの「驚くべき空力設計」について語った。».

ジェットエンジン用ヘリコプター

それは、N.Ye教授にちなんで名付けられたCentral Aerohydrodynamic Instituteの専門家によって開発されたところです。 有望な高速ヘリコプターのZhukovsky概念。 このプロジェクトは、Sergei Shoigu国防相が発表した北極開発プログラムの一環として開発されています。 このプログラムは、この地域で最も裕福な鉱床を研究し、ロシア軍の必要な戦闘準備レベルを維持するだけでなく、人口に対して社会経済的保証を作成し、緊急医療システムを近代化し、新世代の航空機器を装備するためのものです。

The Driveの専門家が述べているように、そのような概念はヘリコプターが信じられないほど高速であると同時に1000キロメートル以上の距離を走行することができるだろうと仮定しています。 刊行物によれば、そのような装置は北極圏のロシア軍にとって非常に有用であり得る。 (「政治ロシア」)。

はい、それは大声で言われ、まるで磨かれているかのようにデザインの外観は珍しいです。 それでも、このプロジェクトは新しい概念のような匂いがするわけではありません。単にテールローターをジェットエンジンに置き換えただけで、数学では次のように述べられています。

その上、そのようなことはすでにインターネット上で起こっていますか? そうそう: "Eurocopter x4"、

TsAGIからのジェットエンジンの代わりにテールブームの終わりにだけ、Eurocopterはfenestronを持っています、そして残りの部分:双子は兄弟です! しかし、X4に関する西側のメディアからの賞賛を読む必要はありませんでした。このコンセプトは、「秋まで鶏を数えます」と私たちの言うとおり、毎日採用されていました。

そして自由主義メディアは予想している:西側はすでに喜んでいる - これがテクニックになるだろう! 事前に喜びます! シングルローターのヘリコプター(ジェットエンジンを搭載しているか、後ろにフェネトロンを搭載している)は空力的な拘束を受けているため、高速破損のための高速シリーズでは見逃せません。 肝心なのは、飛行速度が上がるにつれて、対向する交通からの空気の流れの左右半分の負荷の大きさ(揚力)の差が大きくなるということです。つまり、リストは一方向または他方向に大きくなるということです。 ) そして、すでにV = 400 / hです。 一方で逆流し、他方で同じ速度で通過するとヘリコプターを圧倒し(図中の緑色の矢印)、それを無力化するのに十分な制御ができなくなります。 終わりは悲しくなるでしょう、そして、N.Sからのテールジェットエンジンと動翼の狡猾な先端は助けになりません。 Pavlenko、これについてはすでに何度も書いています。

古典的なヘリコプターは前世紀の初めに、より正確には「1910で - 1911で」発明されました。 スターリン賞を受賞した学者であるBoris Nikolaevich Yurievは、テールローター付きのヘリコプターのシングルローター方式を提案し、その上にヘリコプターを作りました。 その当時、それは高度なヘリコプター計画でした。 他の方式(同軸、横、縦)は、より速く、より経済的で、はるかに安全です。

この図では、分解されたMi-8を別に見ることができます - テールブーム(№13) - 将来のテールジェットエンジン(RD)のキャリアは、その重量の重さによっても、ヘリコプターのペイロードを減らすでしょう。

彼女の分け前に対する責任は重くなりました:XBからの骨折の負荷に耐えるため。 500l.s以上の容量のネジ(RD)。 TsAGIから直接のジェットテールエンジンに関しては、それ自体が高価なペニーになるでしょう、そして第二に、それは追加の燃料とペイロードのためにも必要になるでしょう。 したがって、質問は「それは「ゲーム」の価値があるのでしょうか?はい、そしてこのエンジンでさえ検索する必要がありますか?」 この「TsAGIからの高速北極圏」のデッサンは、ホールディングス「ロシアのヘリコプター」N・Sのゼネラルデザイナーからの注文であると仮定しなければなりません。 Pavlenkoは、「未来の高速」ヘリコプターのためにさらに10億分の1の資金を受け取るが、「for the Arctic」の口実の下で。 そして寒いほどもっと意味があります!

いいえ、それはそのようなヘリコプターの将来の設計がにちなんで名付けられたMVZの設計局のために正確に意図されていることは疑わしいです M. マイルと彼ら、そして貧しい仲間たちは、まだ彼らのいつものMi-38を頭に入れていません: "約38 10億ルーブルはMi-2-2ヘリコプターの開発に向けられました。 ロシア連邦産業貿易省は、ヘリコプターの製造を完了するための請負業者を選択する入札を発表しました」(AviaRu)。

そして長期的な設計局でこの才能が可能であり、そして唯一のプーチン - メドヴェージェフ政府は将来の高速ヘリコプターの設計への信頼を否定しない:輸送と戦闘! 私たちのヘリコプターの建物の将来が、保有する「Helicopters of Russia」の保有を通じてCBMに引き渡されることは非常に悲しいことです。彼らに割り当てられた何十億ドルもの資金が定期的にゼロの結果で使われることを知っています! さらに、彼らがすでに38の下で自分自身のMi-40を構築した場合、高速RD(そして突然彼らはそれに託されるでしょう)彼らは何年もの間50コマーシャルを構築するでしょう。 その時までに、北極輸送はすでに磁気浮上または重力エンジンの上で北極の氷の上を浮遊しなければならなくて、そして保有のジェネラルデザイナーN.Sの相続人 慣れないうちに、PavlenkoはMi-8ヘリコプター(元General AG Samusenkoからの予測)とN. Sからのテールジェットエンジンを搭載したシングルローターヘリコプターを促進し続けるでしょう。 パブレンコ

尾の滑走路があっても、老年は喜びではありません!

Vertopediaによると、「同じエンジン出力で最大10 km / hの速度でテールローター(12 ... 15%)、および高効率(100%)の同軸ローターに動力損失がないため、より高い推力が可能になります( 30%)キャリアシステムで。

誘導路を備えたヘリコプターは後部にテールローターを持っていないでしょう、しかしローターの推力は同軸斧より15%で残るでしょう、そして重いテールブームは遺産として残るでしょう。 それのための燃料の予備で尾の誘導路の高い価格と重さを考慮すると、それは彼らがデザイナーではないので、私が思うに、それはTsAGIの科学者によって理解されなかったと思います。 これには、横風に自信を持って耐えるためのホバーモードの同軸ヘリコプターの機能を追加する必要があり、それから論理的な問題が生じます。特にKa-226を長期間生産し連続生産の準備ができているので現代の同軸ヘリコプターKa-32-10AG。

しかし、「Andrei Boginsky氏は、Mil Design Bureauで得られた結果の独自性を証明し、X-2(USA)は、実際には、非常に限られた用途しか見つけられない高価な玩具であると述べています。 最大離陸重量からX2 - 3,6トン。 ロシアの飛行実験室はこれらの数字を4倍超えています。」 (Ka-92とMi-X1:Sikorsky tehnowar.ruに追いついて追い越してください。2017-06-23)。

同様の言葉による殻で、彼はMi-24の二重小屋を後ろに2文字の追加で1つに再加工するために投げられた非常に大きな金額を正当化しようとしています: "LL"。 しかし、アメリカ人による「高価な玩具」の経験を考慮して、巡航速度= 18 / hの見込みを持つ1-ローカル同軸SB-460 Defiantヘリコプターが製造され、すでに飛行試験を受けています。 そのような「堅実な」Mi-24「LL」へのそのようなスピードは、テール誘導路を備えたTsAGIからの将来のヘリコプターのように、夢の中で、最大のものでさえ夢見たことがなかった。 それから、シングルローターヘリコプターを中心としたアクロバットな踊りが、現在のKa-92、Ka-102ヘリコプターおよび高速戦闘ヘリコプターの魚雷を正当化することが目的であると推測するのは難しいことではありません。私たちの国の防衛と経済を弱体化させる! 肝心なのは、米国がすでに敵対的な米国で高速同軸輸送と戦闘(S-97)ヘリコプターを持っている場合、カモフからのそのようなヘリコプターの実際のプロジェクトは長い間存在していたという事実にもかかわらず 空のろくでなしが遺伝子からA. Boginskyに向いたと仮定しなければなりません。 原価センタ設計者 数年前にも11を持っていたPavlenkoは、彼のシングルローターのMi-X1ヘリコプターが最高速度= 520-h / h、そしてMi-24 LLが6月になることを皆に保証しました。 スピード= 2016 / h。

そしてPindosに時間をかけて、「効果的な」管理者は、自分のために2番目の非常に重要なタスクを解決します。

そしてロシア連邦の閣僚に、北極圏でのヘリコプターの使用に関する本当の極地探検家の勧告を読むことをもう一度お勧めします。

北極圏では、Ka-32ヘリコプターによる装備されていない海岸への供給船の実験的荷降ろしが行われました。 ソビエト連邦の英雄である経験豊富な極地探検家のMark Ivanovich Shevelevがこの実験に参加しました。

Mark Shevelevを思い出してください:

「長い冬に必要なものをベア島の極地に供給することが必要でした。 通常、北極でのこの操作には多くの時間がかかります。 停泊、雪、風はありません。ポンツーンにはいつも海岸に来るとは限りません。 言い換えれば、人々は貨物を凍った水の中に引きずり、特別なスーツはここで救われません。 手動で燃料タンクをドラッグすることは特に困難です。 しかし、すべてが最大の潮の流れを越えて、海からできるだけ遠くに移動しなければならない。 そして、霧にもかかわらず、Ka-32ヘリコプターの助けを借りて、私たちはわずか1日半で船「Sasha Borodulin」を降ろしました。

ヘリコプターはデッキから5トンの貨物を積んだコンテナを拾い上げ、それを島に運んで気象ステーションの最上階に運んだ。

これまでにロータークラフトをリガーやローダーに招待することができなかったのはなぜですか? 問題は、極性条件ではKa-32だけが船舶との作業に確実に使用できることです。 ヘリコプターは包括的なテストに合格しました。 船員、科学者、パイロットは彼の大きなチャンスを感謝しています。

民間航空のヘリコプターパイロット部門の指揮官Valentin Andreev:

「驚い様々なデザインのヘリコプターで飛んだのKa-32でも、私たち、。 コンパクトでコンパクトなこのエンジンは優れたエンジンです。 彼は、ボード上の雄大な飛行とナビゲーションシステムとあなたが日中やドライブステーションとコントローラのない極夜の間に海の上に自動的に飛ぶことが可能なコンピュータです。 電子機器は常に正しいコースを維持しています。

このマシンは北極のためのものです。 KA-32北極船団の一部として、「国家経済への大幅な節約をもたらす(ベア島の饗宴を。コースに真。世界がka-32を記録します。)。

Ka-32-10AGは、北極圏で証明された完璧なKa-32に基づいて設計されているので、今日、北極圏、極北および極東での作業に最も重要なヘリコプターです。 新聞の閣僚は本物の極地探検家たちのそのような勧告を読んでいないし、そのような勧告に精通していないようであり、あるいは彼らにとっては個人の富を最初にするものである。

大臣の皆さん、それぞれにVK-2500エンジンを搭載したヘリコプターのペイロードを詳しく調べてみてください。おそらく、今度は同軸のKa-32-10AGが有利に働くという違いがあるでしょう。

耐荷重...

1 同軸ヘリコプターKa-32-10AG:外部サスペンション - 7000kg。

2 最新のヘリコプターMi-171 - 2:外部サスペンション - 5000kg。

同時に、Ka-32-10AGの速度特性はMi-171-2ヘリコプターのそれよりも高いが、ロシア政府はシリーズで最悪のヘリコプターを発売した(明らかにロシアから)、すなわち:Mi-171А2!

Vitaly Belyaev、特にAvia.proの場合

«Гость», если я правильно понял, то ваш Ми-38 хуже восьмерки?
Вадим: «Я не специалист по вертолетостроению, но тем не менее уверенно могу заявить,» что вместе с Гостем – большие специалисты по забалтыванию темы. Напомню комментарий Владимира 17 мая 2019: «Все бросились обсуждать тех детали - а ругань в сторону правительства осталась "на подкорке". Чего добиваетесь политпсихологи вашингтонские?»

Не будет новой машины.Интерпретация МИ-8 останется.Лучшего-не придумать.

1. Уважаемый Вадим, гарантии перехлеста несущих винтов у соосных вертолетов меньше, чем у вертолетов «Ми» за удар лопасти несущего винта о хвостовую балку.
2. Про маневренные возможности «Ка» и «Ми» однажды в комментариях высказался летчик Ми-24:
«Андрей 17 Мар 2018. Очень странно Павел, что вы не согласны. Складывается впечатление, что вы не видели сравнительных полётов этих машин! Так вот если их сравнивать по манёвренности, это всё равно, что сравнивать легковую машину (КА-50) с грузовиком (МИ-28)»;
Андрей 18 Мар 2018. Я сам 20 лет отлетал на МИ-24. Чем то машина радовала, чем то огорчала. Но в общем согласен, тяжёлая и не поворотливая. В горах неуклюжая. С КА-50 столкнулся впервые в 90 года в Приморье.Машина нас всех восхитила своей манёвренностью Обещали, что скоро пересядем на них. Но видимо денег не хватило. Так и уволился на 24ках (avia.pro/kamov-protiv-milya).

Толковые вроде бы рассуждения о принципиальных недостатках
вертолетной схемы перемещения в воздухе неожиданно сменяются декларацией политических лозунгов и рассуждениями кому сколько денег дали.Одно только использование слова "пиндосы" сразу определяет уровень публикации и самого автора.
В конце статьи автор наконец раскрывает тайный замысел ее написания. Оказывается надо всего то использовать КА, а не МИ. Видимо автор считает, что соосная схема лишена всех недостатков присущих вертолетным винтам и описанным им самим в начале статьи.
Я не специалист по вертолетостроению, но тем не менее уверенно могу заявить, что хвостовая балка у соосной схемы действительно легче, однако одновременно это приводит к снижению маневренности на низких скоростях. Не говоря уже про возможный "перехлест" несущих винтов.

ドミトリーですが、一般的に高くてもよく着用されているフレーズとは別に、あなたは具体的にその場合を書くことができますか?

記事 - 完全なナンセンス。
人(作家)は無理な子です。
カモフのヘリコプターは、運用と保守が非常に困難で、高度なITSトレーニングとパイロットが必要です。
そしてロシアの防衛省の利益のためにそれを一般的に使用することに関するさらに狂った記事は読者を落胆させます。
すべてを多様化して評価する必要があります。
最後に、私は追加しますが、私たちの親愛なる作家は何をezditしますか? メルセデスかジグリか 古き良きことわざは牛を買うと言っています - しかし祭司は小さいです。

誰もがそれらの詳細について話し合うために急いだ - そして政府の側への誓いは "副皮質"のままで残った。 ワシントンの政治心理学者は何を求めていますか?

何についての記事? 国のリーダーシップの乱用については? それとも技術的な詳細についての議論? そうではなく、単に心理的に「確認された」プレッシャーであり、技術的な詳細でカバーされています。 私はテクニックを理解しているようで、残りも同様です。 誰がこの技術情報をチェックしますか。

記事 - がらくた。 「それはユーロコプターのように見えます、それで何も新しいことはありません!コココ!」

空気力学の法則については、著者は何も知らず、ガスタービンエンジンをジェットエンジンに置き換えることは特別なことではないと考えています。

自信を持って話すという、空気力学の法則についてどこで知りましたか?

ゆり! 一方的な建設業者のコストセンター、ここでは異なるニックネームの下で行動する。 どうやらビジョンとあなたは気にしませんか? もう一度お読みください。ユーロコプターX4の例は、TsAGIのプロジェクトとの比較外観としてのみ掲載されています。ユーロコプターがこのコンセプトを実行することになるでしょう。 「この計画の何が問題なのですか?」 - あなたは、「Mi」のデザイナーとして、私なしであなたをよく知っているので、私は同じことを繰り返す理由がありません!

通常の記事または報告会。代替案を聞くことは良いことです。

素晴らしい!
「古典的なヘリコプターは、より正確には前世紀の初めに発明されました。」スターリン賞を受賞したBoris Nikolayevich Yuryev(1910 - 1911)は、テールローター付きのシングルローターヘリコプター計画を提案し、それにヘリコプターを作りました。他の方式(同軸、横、縦)がより速く、より経済的で、はるかに安全なので、これまで取り返しのつかないほど以前の重要性を失ってきたヘリコプター」
そして、彼は4 Eurocopterのコンセプトの例を示します。
それでは、この方式の何が問題になっていますか?

5月のSV 05 2019質問: - 作者が「西」ではないという「証明書」はどこにありますか。

CBさん、こんにちは。 手助けをするのは本当に悪いことで、どこで手に入れることができないのでしょうか。 私はあなたの経験を願っています - 教えてください!

とてもおもしろいです。
だから、最初にそのような論理:西洋は賞賛、それは意味する - これは悪いです、狡猾に落ちないでください。
それから:作者はこれとそれを提案します。 質問: - そして作者も「西」ではないという「証明書」はどこにありますか。

ところで、Alexander-Pavel氏とあなたの設計局では、トルクHB(NOTAR)のガス動的補正機能を備えたMi-42ヘリコプターの製造を試みていましたが、「 -fenestronom " それとも、接頭辞「Arctic」を付けて、「同じ場所 - 同じ場所に」をもう一度必要ですか。

アレキサンダー。
著者はどのような尾部誘導路について話し続けていますか?
トルクHB ALLのガス動的補償は、追加のエンジンの使用を意味しない。
さて、ロシア語は引き締めて、それから嫌なところで読むのに適しています。

Alexander、何かを読むのが嫌なときは、読んではいけません。
ヘリコプターでのトルクの気体力学的補償は「NOTAR」と呼ばれ、そして記事は白黒で言います:「ドライブ専門家はTsAGIプロジェクトの「素晴らしい空力設計」を称賛しました。 彼らによると、尾部に小型ジェットエンジンを搭載したヘリコプターのこの概念は、伝統的な航空機と比較して、その高速性、飛距離、燃費の良さを事前に決定しています。 ...ロッシー)

"あなたの体重の重さ" - 作者、あなたは "成功した"ファッション管理者から来ますか?

著者はどのような尾部誘導路について話し続けていますか?
トルクHB ALLのガス動的補償は、追加のエンジンの使用を意味しない。
さて、ロシア語は引き締めて、それから嫌なところで読むのに適しています。

人々のためにすべて!

ページ

.

航空の世界で最高

2階