ボーイングディレクトリ - 用語集。 手紙R.
他の
ボーイングディレクトリ - 用語集。 手紙R.

ボーイングディレクトリ - 用語集。 手紙R.

ラック

棚、電気・電子機器の区画内の記憶装置。

レーダー

RADAR、無線パルスの送信と受信との間の時間を測定し、範囲、方位角及び/又は送信されるパルスの方向に沿ったオブジェクトの過剰な情報を提供する装置。

電波高度(高さ)

RADIOVYSOTA、地上航空機の距離、特定の電波高度計システム。

ラムエア

対向VOZDSHNY FLOW、空調システムにcherz熱交換器ユニットを流れる外気。

ラムエア・タービン

AIRラムエアタービン、胴体の側面が付属しており、油圧や電力の緊急供給のための外部の空気の流れによって駆動されるデバイス。

RAM、sm.-ランダムアクセスメモリ。

ランダムアクセスメモリ

データの書き込み及び読み出しが可能なランダムアクセスメモリタイプを有するメモリ。 一般的に暗記の短い期間のために使用されます。

比率変換

チェンジャーギヤ比、機械装置は、入力速度に対する出力速度を変更します。

生データ

生データは、センサからのデータは、システムによって変換されません。

読み出し専用メモリ

メモリは、命令およびデータを永久的にコンピュータで使用するために記憶されているメモリのブロックを読み取るために適用されます。 通常の状態が続くもとで情報を変更することはできません。

RECEPTACLE

CONNECTOR、半分または二液型化合物。 通常、パネルは、例えば、支持体上に取り付けられました。

再循環空気

戻り空気は、空調風が車室内からの空気と混合されます。

REDUCEDスラスト

最大推力モードよりも推力レベル以下、推力を増加しました。

REEDプリンスSCREW

REEDとPRINCE SCREW、スロットを備えた十字型ヘッドの一種。 (CM.Phillipsヘッド)。

RATIO

比率は、他の1つの数値との間の関係を定義しました。

基準線

地図上の入力値の補正を適用するための出発点としてマップに使用されるライン基準線。 1つまたは複数の基準線は、連続して使用されます。

調整弁

圧力または流量を制御するためのバルブ調整弁。

RELAXED

電流を通過させない電気部品や回路遮断器の非励起、不浸透性の現在の状態。

リレー

スイッチ接点は特定の電流又は電圧に応じて開閉するスイッチ装置。

埋蔵

RESERVE、目的地の空港に着陸した後、基板上に残っている燃料。

リザーバー

タンク、液体貯蔵用容器。

リストリクター

リミッタは、流体の流量または圧力を低減するための寸法の孔を絞ります。

安全弁

安全弁、環境に関連して高血圧を防止バルブ。

絞り逆止弁

(スロットル)逆止弁、リミッタと同様の機能を制限するが、一方向にのみ流れを外します。

RETARD

クリーニングガス、オートスロットルモードがアイドルエンジンの推力を低減するために使用されます。

復帰

RETURN、以前に計画された体制に変更します。

RHEOSTAT

可変抵抗器、電気回路の抵抗を変化させるための電気機器。

RIGのPIN

制御ケーブルとコネクタを調整する前に、可動部品に挿入されるピンの金属ピンを調整します。

リギング

リブ設計要素翼の翼、安定剤または制御面。

ロッドエンド(NO。1)

FINALストローク位置、油圧制御機構、シリンダのロッド側のピストンの極端な位置。

ロッドエンド(NO。2)

、機械装置、幹細胞または(往復運動に)ロッドタイププッシュプルの端に一般的に軸受スリーブまたは類似の要素をサポートします。

ROLL

縦軸を中心に航空機のロール回転。

ROLL AXIS

ロール角、面が横軸(翼上下翼)によって回転される角度を変化させます。

回転型可変差動トランス

可変インダクタンスの差を回転させます

ROTATE

トランスフォーマー(差動変圧器と誘導センサ)、入力回転とリニア出力を備えたデバイス。

ローター

エンジン(タービン圧縮機)や発電機のローター回転部。

ROUTE不連続

ROUTEのGAPは、経路の一部が接続されていないFMCコントロールを提供しました。

ROUTE美脚

ルートのセクション、飛行ルートに沿って2点を結ぶ経路の一部。

ロールレート、ロール軸(ウィングアップ、ウイング下)上での飛行機の移動速度。

ROM、see.-読み出し専用メモリ。

RVDTは、SEE - ロータリー可変差動変換器を

ラダー

航空機の垂直安定板の裏面に舵枢動可能可動部分は、縦軸の変位を制御します。

Ponlnaya百科事典

Avia.pro

.

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階