赤ちゃんとの平面上にホップ
他の
赤ちゃんとの平面上にホップ

赤ちゃんとの平面上にホップ

あなたは飛行を取る必要がある場合であっても、赤ちゃんの登場で状況があります。 それは多くの場合、厳密に禁止された乳児に飛ぶ誤解です。

それ以外の場合は小児科医を示したと母親は良い感じていない限り、それは飛行の危険をもたらすことはありません。 子供がさらに簡単に実施ような小さな年齢の飛行中、生まれてから飛行を行うことができます。 一般的に短命飛行中の赤ちゃんはすべての睡眠が、年上の子供たちは好奇心反することができます。 しかし、自身の標高面として特にプレイアウト、彼らはすぐに退屈になっていません。 これは、事前に世話をして、お気に入りの本やおもちゃを持参してください。 フライトの前に子供たちは航空機が登山、またはその逆に座っているときに動作する方法を説明することが必要です。

乱流のような時には、通常、ポーンの耳ですが、唾液の頻繁な嚥下と感覚を減少させます。 最年少の子供たちもそれを飲むことは私の耳でホッとしますと、混合物で胸やボトルを与えられるべきです。 考慮すべきもう一つの問題は、子供が常駐する場所です。 禁止ベビーカーで平面上に渡します、これは、はしごを奪うだけ到着時に返されます。 別々の席にクレードルにあると許可されている最小。 これは、若い母親が全体のフライトの手であなたの子供を守らなかったことができます。

いくつかの航空機はチャイルドシートを装備しているため、チケットを購入する際には、オペレータに確認することができるされています。 途中の安全性がどんなに子供が何であるか、すべて、または成人を観察する必要があります。 でも新生児クレードルに安全ベルトを強化する必要があります。 子供たちのために聞いて、自分の上に座ってpecial子供ベルト 彼はすべての客室乗務員を持っています。 子供のメニューオプションがあるよう摂食子供たちは、何の問題もありませんしません。 授乳中の母親のための食品は、それ自体で消えます質問。 人工栄養はまた、単に希望の時間でそれについて彼に尋ねる、アテンダントを希釈するのに役立ちます。

その他の有用な情報

.

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階