シリアニュース20 9月2019年
物品
シリアニュース20 9月2019年。 イスラエルはシリア上空で損失を被り、アメリカの飛行機がクメイミム空軍基地を攻撃し、SAAチェックポイントを攻撃した

シリアニュース20 9月2019年。 イスラエルはシリア上空で損失を被り、アメリカの飛行機がクメイミム空軍基地を攻撃したCAAチェックポイントへの攻撃

20 9月2019年のシリアでの戦闘の最新ニュース。

イスラエルの無人機がシリアを撃down

ロシアとイスラエルの合意に反して、テルアビブがシリアの領土を攻撃し、シリアの首都の近くで攻撃する前夜。 ジャラマン市でストライキが行われたと報告されていますが、同時にイスラエルの無人航空機が破壊され、シリア空域に侵入しました。

ロシアの空borne部隊はイスラエルのドローンの破壊の背後にあると専門家が信じていることは注目に値します。これはロケットの逆の痕跡がないビデオ録画によるもので、ロケットが空から発射されたことを示している可能性があります。

さらに、多くの情報源は、イスラエルの無人機のニュースが撃ち落とされる19分前に、ロシアの空borne戦闘機がダマスカスに到着し、イスラエルの無人機を撃ち落とし、テルアビブの攻撃を防ぐことができたフメイミム空軍基地から離陸したという事実を示していますシリアで。

アメリカの飛行機に攻撃されたフメイミン空軍基地

ロシア連邦国防省のアレクサンダー・フォミン副長官は、ロシア軍の空軍基地「フメイミン」がアメリカ軍の航空機に攻撃されたと述べた。

昨年1月にロシア軍の空軍基地「クメイミム」を攻撃したドローンの管理に巻き込まれたボーイングP-8Aポセイドン機について話しています。 いくつかのドローンが撃downされ、残りは無人であったと報告されています。

シリアのチェックポイント攻撃

シリアでのデモは、シリア軍の検問所に対する攻撃に変わりました。 当初、抗議者に対して警告火が開かれたが、後者が武器を押収するためにシリア軍を攻撃しようとしたとき、火が殺され、少なくとも7デモ参加者が負傷したことが報告されています。

アメリカ合衆国を長く生きよう!

ページ

.
2階