ボーイング777-200ER  - ベトナム航空
他の
最高の場所とキャビンスキームボーイング777-200ER - ベトナム航空

ボーイング777-200ERベトナム航空の航空会社のトップロケーションとキャビンレイアウト

艦隊 "ベトナム航空「航空機のタイプは10を持っています ボーイング777-200ER。 2クラス構成航空機2で、8ながら - 三級。

これらの航空機では、ハノイ - モスクワ、ホーチミン - モスクワ、ニャチャン - モスクワのルートで飛行することが多い。

大型航空機の内部を考えてみましょう。 そのレイアウトは、場所54快適クラス、25ビジネスクラスの座席、経済と228の場所が含まれています。

最高の場所とキャビンスキームボーイング777-200ER  - ベトナム航空

私たちは、Boeing777-200ER航空機の最良の座席を選択するための一般的なヒントとアドバイスを提供します。

  • 航空会社の従業員から助言を求めます

  • 可能な場合は - 慎重にあなたが飛ぶどの方式の旅客機を調べます

  • 座席はリクライニングまたはこれに限定されないような場所を取ることはありません

  • トイレ、キッチン、尾の他の産業施設の近くに席を取ってはいけません。

  • 1-4 p。 ビジネスクラス。 このクラスによれば、最後の列は機内キッチンの近くに位置し、最初の列はトイレにあるという小さな説明があります。 テクニカルルームとの隣接は、常に不必要な喧騒に左右されます。 彼らはしばしば過去を歩き、夜間の飛行ではキッチンからの音やライトがうまくいってくれません。

  • 10 p。 これは快適クラスの最初の行です。 ちょうど同じ理由で、ギャレーとトイレの近くにそれを黄色でマークしましょう。

  • 20 p。 - 第一列の経済。 サービスクラスを隔てる壁までの距離はかなり大きい。 このために、膝と脚のための十分なスペースがあります。 このシリーズの別の重要な利点:誰も椅子を折りたたむことはありません。 これはエコノミークラスの行間の小さなステップで重要です。 あなたが壁に飛行全体を見なければならないという欠点に注意してください。 別の折りたたみテーブルは肘掛けにあり、固定されています。

  • 24、25 pを。 何のウィンドウがありません。 一部の乗客このような状況は、特に、日光長時間のフライトでは、非常に重要です。 あなたは夜で走行している場合、それは非常に重要です。

  • 31と32 r。、黄色で計画に記されています。 トイレへの接近 - 常に虚栄心、不便、夜と日を歩く。 まだ、あなたはドアと水槽の音を伴います それでも、トイレの壁に直接配置された椅子の背もたれは、リクライニングしません。 垂直状態にある飛行全体(特に長い場合)は非常に不便です。

  • 45 p。 その前に緊急ハッチがあります。 彼らの安全へのアプローチはかなり広いはずです。 したがって、足の快適さの観点から、これらは経済のための最良の場所です。 しかし、トイレへの接近は、全体的な快適さのレベルを低下させる。

  • 57と58 P。 以前のものと類似しました。

Boeing777-200ER-それぞれの長所と短所の座席の場所に関する一般的なポイントのカップル。

1。 玄関の横にある座席は、飛行中に見ることができるという利点があります(もちろん、飛行時間と天候によって異なります)。 あなたが夜に飛ぶなら、この尊厳は数えられません。 彼が起きたいなら別の隣人はあなたを気にしません。 これらの場所には1つの欠点があります。それを残すことはあまり便利ではありません。 これによると、頻繁にトイレに行く必要がない場合や、全体の飛行を通して眠るつもりなら、窓で場所を選んでください。

2。 通路の近くに位置する席、その尊厳 - それを必要に応じてトイレに持ち上げるのは非常に簡単です。 欠点は、立ち上がる必要がある場合、隣人が邪魔される可能性があるということです。 客室やトイレにキャビンを通っているカートや乗客がいる乗客は、依然として干渉することがあります。 したがって、あなたがあなたの子供と一緒に飛んで、ほとんどの場合、あなたはしばしばトイレに行く必要があります。 または、あなた自身が頻繁にトイレに行く必要があり、次にその場所の端から選んでください。


サイトの親愛なるユーザー avia.pro!

私たちは、この記事は参考になりましたことを願っています。

あなたは今までの人生で飛行機航空が飛んでいる場合は、飛行についてのあなたのレビューを共有してください。

彼らはパイロット、およびソフトランディング言うように、あなたの味覚をきれいに!


世界最高の場所を見る

.

航空の世界で最高

逆さま
ブログ投稿
著者の記事
2階