リースや航空
物品
リースや航空機。 私たちは棚に展開します。

リースや航空機。 私たちは棚に展開します。

アカウントに金融市場の状態を取って、リースの有効性を評価します

ROI 12-15の%の年率の結果は、航空機リースの動作は、投資ファンドの手段として、最も収益性の高い分野の一つです。 アカウントにあるため、より安定した状態の第一及び第二サイクル、投資家や金融機関に最も適しの適用を取っ商業旅客機、最小リスクで一貫性のある利益を生みます。
一方、貨物航空機の操作は、通常、約12%のROIと、第二の実施形態で行われます。 したがって、航空機の操作の有効性の評価は、航空業界のダイナミクスを理解することを考慮して行われます。

リース - 金融サービスの形、個人による企業による固定資産の取得または非常に高価な商品の信用の形。

財務分析

投資ファンド収益率(ROI)の正確な計算は、航空機の個々のパフォーマンス指標の操作、その大きさや種類に基づくべきです。 そして48万人に至るまで、航空機の一部のモデルのコスト。ドル(ボーイング737-800)210百万。ドル(エアバスA380)、ならびにそれぞれ%を3する15%の範囲であるROIの年率、。

リースや航空.

リースや航空

平均負債負荷は70万人までの現金コストの投資家を引き起こす。ドルをボーイング85-40に、資金の残りの部分は、当事者間の合意に応じて返済しなければならない一方で、%を737する800%の間です。 投資家は、サービスに以前あった原因航空機の購入に、投資のリスクを予防する、またはいくつかの財政難を持っている顧客としていくつかのケースでは、トランザクションのセキュリティのレベルは、50-65の%に低下します。

取引の価格を決定する上で重要な役割は、航空機の残存価値を果たしています。 これらの専門企業の観点から、航空機の基本コストは年間約4-9の%減少しています。 また、アカウントの減価償却費を考慮に入れる必要があります。 残存価額を%を5と等しくなります70 10%で、最終的に年間を通して - 50%、15年 - したがって、操作の35年後、飛行機は年25を通じて、約10%の費用がかかります。 航空機の解体時にスペアパーツの販売に現金を生成する能力を完全に減価償却費の償却があります。
常に彼らの技術的条件及び残存価額の航空機の状態を監視する必要のあるリース事業が参加しました。 経済効率のしきい値は、航空機の首のさらなる動作に緊急の決定をするとき。

法律の変更

国連、国際民間航空機関(ICAO)は、規制の艦隊操作の現代の基準の開発を支援し、促進している間。 国家と地域組織は、航空機の運航のための条件を作成する上で重要な役割を果たし続けます。 これは、民間航空機、その動作は、航空機の寿命に応じて、飛行の可能性を調節する様々な立法行為の観点からすべての上に、適用されます。 他の途上国が10-15年以上の期間で航空機を運用するために許可されている間、例えば、中国では、インド、インドネシア、トルコは、15と20年以上のために運転中の商業旅客と貨物航空機の輸入に制限を課しました。

航空リースとズベルバンク

リースや航空

もう一つの重要な要因を考慮しなければ - それは地元の航空業界の企業や公共機関が提供する様々なサポートです。 典型的な例は、彼らが2014の%(約737億円となりました。ドル)のコストを削減することができ、地元のキャリアのために航空機の特定のモデルの輸入に対する税金(ボーイング320、エアバス40)を廃止、月1年にロシア政府の決定としての役割を果たすことができます。 規制中に考慮に立法するだけでなく、世界の様々な国における地政学的な状況ではないだけを取る必要があります。 航空業界の発展に影響を与える多くの要因があります。 国や地域の法令との関連だけでなく、地元当局や制御航空機との密接な協力の下に規制措置の便宜、リスクを最小化し、効率のインパクトを最大化します。

演算子の選択

オペレータは、航空機の運用・保守におけるプロセスの主要な部分であることから、投資家はその仕事航空機の運航の効率化、彼らのメンテナンスや修理に依存から、オペレータの選択を慎重に接近する必要があります。 航空機のPoskoku正しい動作は、予定外のオーバーホールに保存されます。 リース期間終了後の適切な使用と保守と航空機は、可能な限り最高の残留値を持つ必要があり、私たちは有利な条件で新しいリースを締結することができます。 そのため、リース契約に署名する前に、投資家は慎重に作業し、その財務および業務能力の可能性を評価すべきです。

.
2階