Laflamme LX300。 技術的特徴。 写真。
他の
Laflamme LX300。 技術的特徴。 写真。

Laflamme LX300。 技術的特徴。 写真。

Laflamme LX300は、カナダの会社Laflamme Aeroによって開発された多目的無人航空機です。

無人手段は、民間航空機です。 等々航空写真やエリアの航空写真、監視任務の様々なタイプの実装、トレーニングUAVオペレーター、ミッションをパトロールや監視、捜索救難業務としているその中のタスク、十分に広い範囲を実施すること。とりわけ、多目的UAVモデルLaflamme LX300をエイブルまた、小さな負荷を輸送するために使用することができ、その重量は90キログラムを超えないことを条件とします。

カナダの多機能無人航空機モデルLaflamme LX300は、無人機を離陸させて垂直面に着陸させるヘリコプター型の構成で設計されているため、準備ができていないことを含め、ほとんどの地形条件にこの装置を適用できます。 航空機自体は全体的に非常に印象的ですが、通常は運行や輸送に支障をきたすものではありません。また、2基のローターが存在するため、高速で飛行してもドローンは非常に操縦可能です。

空気を分散することができる二つの内燃機関で表される動力部カナダのドローンLaflamme LX300は210キロ\ Hの最大対気速度を意味します。

仕様Laflamme LX300。

  • 長さ:不明な;
  • ローターの直径:不明な;
  • 身長:不明な;
  • 最大離陸重量:不明。
  • 巡航飛行速度:150キロ\ hを;。
  • 最高飛行速度:210キロ\ hを;。
  • 最大飛距離:100キロ;。
  • 最大飛行高さ:2600のメートル。
  • 航空機エンジンのタイプ:ピストン。
  • パワープラント:不明。
  • 電源:不明。

その他の無人偵察機

航空機

.
2階