セスナCH-1スカイフック/ YH-41«セネカ。」
他の
セスナCH-1スカイフック/ YH-41«セネカ。」

セスナCH-1スカイフック/ YH-41«セネカ。」

セスナCH-1スカイフック/ YH-41«セネカ " - 唯一のヘリコプター会社セスナ。 設計と製造 - 1953-1962。 それは50ヘリについて行わ。
CessnaAircraftCompany同社は1952 Seibe​​lHelicopterCompanyで会社を買いました。 この時点で、同社はすでにプロトタイプのヘリコプターSeibe​​lS4Bを設計しました。 その設計に基づいて、ヘリコプター、セスナ発売されました。 最初のプロトタイプは1954にダブルフライトを行いました。 1955ヘリコプターでCH1は、型式証明CAA3H10を取得しました。 その後、車は4人乗りの変更CH1Aに再設計された、1956でそれ用の証明書を受信しました。

セスナCH-1スカイフック/ YH-41«セネカ "の写真

セスナCH-1スカイフック/ YH-41«セネカ "絵。

ヘリコプターのエンジンは、ヘリコプターの重心とメンテナンスのための簡素化されたアクセスのための好都合な場所を提供した前面に位置しています。 胴体 - セミモノコックは、多くの点でセスナ航空機の胴体と似ていました。 ブレードハブに固定されている2つのブレードのメインローター、L字型ヒンジ。 4のシリンダーピストンエンジン - ContinentalFSO470、パワー260l.s。、ターボチャージャーを装備しています。

50ヘリコプターについての合計。 10ヘリコプター、米国政府 - 15、エクアドル - 4、イラン - 5の評価試験のために、軍隊、政府機関、および各国の空軍によって購入されました。 残りのヘリコプターは個人所有者の手に渡された。

セスナCH-1スカイフック/ YH-41«セネカ "の写真

セスナCH-1スカイフック/ YH-41«セネカ "絵。

このヘリコプターは数多くの記録に達しました。 CH1A - Pikes Peakマウント、高さ4300、15.09.1955、FSO1Xエンジン搭載ヘリコプターCH5262Bに着陸した最初のヘリコプターは、ヘリコプターの世界記録FAI高さ29,777フィート28.12.1957に達しました。

特長ヘリコプター«セスナCH-1スカイフック»:

  • クルー:1-2

  • 乗客の最大数:3

  • ローターの直径:11m

  • 身長2.6m

  • 89.4kv.m:面積は、ロータを席巻しました

  • 空の重量:94キロ

  • 離陸重量:1,400kg

  • パワープラント:1×PD ContinentalFSO526、6-シリンダー、インライン、ターボチャージ

  • 電源:270l.s。

他のヘリコプターを見ます

Avia.pro

.

航空の世界で最高

2階