「ボーイング」/「Stirmen」モデル75。 写真。 特長
他の
「ボーイング」/「Stirmen」モデル75。 写真。 特長

「ボーイング」/「Stirmen」モデル75。 写真。 特長

アメリカ

タイプ: 単発複葉トレーナー

乗組員: 2人のパイロットは、互いに前後に配置されています

同じ会社と模型飛行機の基礎として使用して、ボーイング「1934、会社で取得した航空機Stirmen K°»(ステアマンエアクラフト社)、「」により、自身の主導で構築されました。 H70面(メーカーによってそれに与えられた名称)は、基本的な練習機に米空軍1934年の要件に従って候補として提出されました。 したがって、最初のサービスは、航空機への関心を表明していることを非常に皮肉なH70は、今年の初めに1935 61は(NS-1指定)航空機を発注した米海軍を、となりました。

70で長い評価航空機H1936後、米空軍は、まだ最初のバッチを買ったが、(指定RT-26を与えられた)のみ13航空機。 これは、空気隊ながら、資金不足を反映して少量です。 RT-3519 17航空機のみ1940年に建てられた - しかし、それはすべて第二次世界大戦の勃発で変更します。 その動作時には「ボーイング」の主平面75モデルは、(それが正式に1939年後に知られていたように)シンボルを多数受けている、彼らは通常、搭載されたエンジンを反映しています。

カナダの航空機による「北の端」で今航空機モデルの75会社「ボーイング」/「Stirmen」のすべての修正に適用される名前「カデット」を、与えられました。 時間によって生産が1945の航空機が世界中で飛ぶそれらの10000と1000は今より今年の初めに建てられた以上のことを中止しました。

"ボーイング" / "Stirmen」モデル75。 フォト

基本データ

外形寸法:

  • 長さ:7,63メートル
  • 全幅:9,80メートル
  • 身長:2,79メートル

パワープラント: «コンチネンタル»R-670または「ライカミング»R-680

パワー: 220のリットル。 P。 (164キロワット)

右: 生産は第二次世界大戦の終了前に中止されたが、「Stirmen」の航空機は、他の歴史的な軍用機よりも耐空状態のままになります。

重量:

  • BLANK:878キロ
  • 最大離陸:1232キロ

初飛行の日: 12月1933年(航空機H70「Stirmen「当社)

航空機の性能特性。

  • 最高速度:200のkm / h
  • 範囲:813キロ

生き残った耐空性の修正: RT-13、RT-17、RT-18、27-RTとN2S

軍用機

Avia.pro

.
2階